NICEON

lp0005_001

道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である(二宮尊徳)

示道塾は、社員の皆さんが自ら考え、試行錯誤の中から知恵を得つつ成長することを繁栄の礎としたいとお考えの経営者や幹部の皆さんに向けた学びの場です。

その基礎となる立志編では、志を立てることこそが克己の源泉とされてきたところより、志座(視座)を定めることを考えて参りました。

8月から始まる立命編では、社員満足と顧客満足、道徳と経済など、志に基いて経営活動を統合することを実践的に考えて参ります。

示道塾は思考道場。経営の根幹を深く考える時間を創ることは、不本意ながらも怠りがちなものです。月に一度のこの機会にご参画いただき、大切なその時間を皆様とご一緒できれば幸いです。

示道塾とは?

lp0005_004

経営者(幹部を含む)を受講対象とする示道塾では、戦後から続く欧米流マネジメント理論ではなく、日本人の特質や感性を重んじ、その力を最大発揮し得る日本型組織づくり、すなわち社員や顧客の幸福を最重要視する「人本経営」を考えていく場です。

異業種から集った経営者それぞれが講師の発問をもとに自問自答し、話し合い、思いを巡らせる。

その過程を通じて、自らが真に理想とする経営像を明らかにすること。実現への志を確かなものへと昇華することで、揺るぎなく、ぶれることのない決意を定めて参ります。

福岡示道塾 立命編+特別編 詳細

講 師


大原 光秦氏
株式会社ビスタワークス研究所 代表取締役 / ネッツトヨタ南国株式会社 取締役



特別編講師:久保 華図八氏
株式会社九州壹組 代表取締役社長 / 有限会社BAGZY 代表取締役

15歳から美容の道に進み23歳で独立、技術を磨ために渡米する。帰国後、北九州市で美容室『BAGZY(バグジー)』を開業するも、利益追求型の経営を続けた結果、売り上げと人材離れの問題に直面。経営の本質に立ち返り「顧客満足」、「従業員満足」への経営方針を打ち立てたことで急成長を果たし、今や「従業員が辞めないお店」「お客様の再来店率・紹介率の高いお店」としても注目を集め続けている。氏は以来、自身の体験を元に「人を活かす経営」を商業者が追い続けるべきテーマとして年間300回以上の講演を行う。

日 程 第1講 8月18日(火)
第2講 9月25日(金)
第3講 10月13日(火)
特別編 11月26日(木)
最終講 12月18日(金)
会 場 八重洲博多ビル(予定・変更がある場合はお知らせ致します)
受 講 料
立志編を受講済みの方:140,400円(税込)

立命編のみ受講の方:151,200円(税込)

定員 20名
※立志編から引き続き受講される方もおられます。ご希望の方は早めにお申し込みください。
お問い合わせ先 support@niceon.jp
主催 株式会社 NICEON

※キャンセル料について(開催日からの計算)
14日~7日前までのキャンセル料金は受講料の50%。
7日前~前日までのキャンセル料金は受講料の75%
開催前日~当日までのキャンセル料金は受講料の100%

お申込みはコチラから

立志編を受講済みの方はコチラ

立命編のみ受講の方はコチラ

FAXでお申込みをご希望の方はこちらのPDFファイルをご利用ください